事業用車

2015年4月13日 (月)

生存報告。

こっちはすっかり休眠状態ですが生きてます。
今、こんな感じで製作中が山積みです。
これだけあると、台車、床下機器とか部品を揃える予算を考えると恐ろしいですが。^^;
Dsc_2846_

2011年12月13日 (火)

クヤ165の前照灯点灯化(暫定版)

年末でイロイロ忙しい中、何もしないのもオモロないので、こんな事してみた。

続きを読む "クヤ165の前照灯点灯化(暫定版)" »

2011年8月24日 (水)

「ヌ」は『ぬくい』の「ヌ」・その3

前回が2ヶ月前ですか。(汗
そんな訳で、ヌ100の再生が完成しました。
Dsc_0024_

続きを読む "「ヌ」は『ぬくい』の「ヌ」・その3" »

2011年6月12日 (日)

「ヌ」は『ぬくい』の「ヌ」・その2

Dsc_8984_
塗装に一部、剥離して1から塗り直した方が良さそうな箇所があったので、リムーバーで車体丸ごと剥離。

Dsc_8986_Dsc_8987_
下回りも剥離を試みるが、塗幕がガンコで剥離ならず。
まぁ接着剤の痕がなくなったから、まぁいいか、というところ。

Dsc_8985_
床板から外した軸受。
手前側が元付いていたもので、奥側が新品。
新品軸受は、ヌ100を仕入れた店で先のワム50000と同時に仕入れてきたもの。
\100-だったので使えれば儲けモンだなーと思っていたが、樹脂パーツ部分が経年で変なクセが付いており、やっぱり使えなかった。
アダチの下回り仕入れてこなくちゃなぁ。(´Д`)
そんでもって車体も床板も、天気の合間を見て塗装せねば。

2011年5月11日 (水)

GWの戦果・その2 ~ 「ヌ」は『ぬくい』の「ヌ」

前の日記のタキと同時に買った中では、一番高かったブツ。
……と言っても、たかだか\1000-でしたが。^^;

続きを読む "GWの戦果・その2 ~ 「ヌ」は『ぬくい』の「ヌ」" »

2011年2月23日 (水)

ナヤ11、今度こそ完成。

Dsc_8786
一旦完成させたナヤ11のアップグレード、作業途中を撮っていたつもりが撮っていなくて、いきなり完成状態。^^;
端梁パーツのセットに連結器開放テコが入っていたが、例によって面倒になって省略。
ブレーキホースだけは、使いかけが1本だけ残っていたので取付ける。

で、↑の1ネタでは間抜けなので、先週末に仕入れた工作机の上の新アイテムなぞ。

Dsc_8789_
ご存じハンダリール。
隣市のPCショップの雑貨コーナーに、何故か売っていた。
\200-也。
今までは、テーブルに立てて使う分だけ切って手元で使っていたが、これでコテ先を当てるだけでハンダが拾えるようになった。
うん、便利。

2011年1月 9日 (日)

工房、仕事始め。

皆様あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
Dsc_8661


続きを読む "工房、仕事始め。" »

2010年11月 4日 (木)

ナヤ11 1・その6(完成)

Dsc_8477_Dsc_8478_
2回目の塗装完了。
屋根は仮にかぶせただけ。
いい感じなってきた。

Dsc_8480_
窓ガラスを入れた後、屋根をはめる。
屋根が少し反っていたので、接着後に一晩重しを乗せてなじませる。

サッシの銀は、在庫があったのでガンダムマーカーのシルバーを使用。
サッシの表現が凸モールドなので、マスキングなしでサクサクと塗って行ける。
アルコール系なので、はみ出したり失敗した時はティッシュでサッと拭くだけで済むのも有り難い。

Dsc_8484_
今回は気合い入れて、前面窓のHゴムの色差しもした。
これまたマーカーペンでの色差し。

Dsc_8481_Dsc_8482_
ナンバー、目立つ標記類のインレタを転写。
型式番号は、いさみやインレタ。
用途、注意標記文字は、くろま屋。
字数が多いと、さすがに転写しにくい。
老眼が始まってるのでパッと見た目には判らないが、アップで見ると崩れている文字がところどころに。(汗
いつものように、巨体の師匠にデカール頼んだ方が楽だったか?

そんな訳で、今週末の花月園運転会には間に合った。
猛暑で1ヶ月余り手を付けてなかった時期があったので、もっと早く完成していて良かったけど、やっぱり間際にならないとエンジンかからないクセは相変わらず。^^;

2010年10月28日 (木)

ナヤ11 1・その5

作った妻板を付けて強度が確保できたら、側板の加工。

Dsc_7913_Dsc_7915_
教習用運転士席が設けられていたであろう引き違い窓に改造されたサイド全面を、ザックリ削る。
そこに、新しく窓を開けた側板を貼る。
継ぎ目は、客扉左上のわずかな部分で済むので、仕事が早く片づく。

Dsc_8454_Dsc_8457_
という訳で、新しい側板を貼る。
引き違い窓は、加工の容易さから、ここだけ紙で。

Dsc_8466_
側板と前面の継ぎ目を処理した後、1回目の塗装。
黄色5号で、この後、帯の部分をマスキングしてから、青15号を塗る。
画像では判らないが、扉を埋めた痕は判りやすい状態。
大がかりにペーパー掛けられないと、こんなもんか?

Dsc_8465_
前面。
こっちはハデにペーパー掛けできたので、埋めた箇所の継ぎ目の筋は見事に埋まった。

続けて尾灯、標識灯掛け、手すり、縦樋を取り付ける。
外バメ型の尾灯が付いているが、ナハフ11は全て内バメ型じゃなかったか?
ナハフ時代の改造か、ナヤに改造された際の改造か、気になるところである。

2010年10月 9日 (土)

ナヤ11 1・その4

猛暑に手が進まず、気づけば1ヶ月以上放置。(汗
発表の締め切りまで1ヶ月となったので作業を再開。

Dsc_7455_Dsc_7459_
妻板と側面の埋め込み処理箇所、多分これでOK?

Dsc_7465_Dsc_7466_
妻板に新設するHゴム窓枠を作る。
t0.2プラ板を窓枠より少し大きいサイズにカットし、センターにφ2.0の穴を開ける。
M2のネジ&ナットで3枚重ねて固定し、ヤスリで所定寸法→Hゴム表現のR付けを行う。
3枚同時に加工するので、大きな寸法ズレが発生しにくくなる。
真鍮板材の同一形状複数枚加工で、よく使われる手法。

Dsc_7469_Dsc_7471_
妻板の所定の位置に窓枠を貼り付け、ざっくり大まかに窓を抜く。
この後、ヤスリで適正寸法に拡大する予定。

Dsc_7462_
床板と、キットに付属の床下機器ユニット。
最初は水タンクだけカットしてしまおうかと思っていたが、他の機器配置が似ても似つかない代物なので、水タンクをカットする手間も省けるので、真鍮板を貼って一新する事にした。
何しろ、エアタンクとブレーキシリンダしか付かないんだから、簡単なものである。

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ