天プラ凸電

2010年8月 2日 (月)

完成。そして箱詰め。

Dsc_7146_
懸案の床下機器は、結局つや消し黒を筆塗りに。
マスキングや筆の先を入れる手間を考えると、本来は台車をバラした時に作業すべきものだったはず。
尤も、床下機器が取付(接着!)済みでなければ発生しなかった話なのであるが。

Dsc_7149_
台車枠も取り付けてとりあえずは完成したので、旧作のAEG凸電と並べて、旧標準色(?)の湘南色・濃緑と比較。
こうやって並べると、薄松葉色はトーンが薄めなのが判る。

Dsc_7153_
収納は、元箱ではなくIMONの16番・貨車用。
元箱の半分程度の体積に圧縮できるので、ED級電機の収納に重宝している。

Dsc_7154_
元が屋根上には何もない貨車用で背が低いので、電機を収めるとパンタがフタのウラに触って、持ち出した時の搬送状況によってはパンタを破壊しかねない。
なので、フタのウラにスペーサを入れて、パンタを保護している。

2010年7月28日 (水)

凸電の塗装。

Dsc_7138
電車群と同時に、まずキャブの屋根にグレーを吹き付け。
塗装後、日当たりのいい場所に置いておくと、1時間も経たずに塗幕が十分に硬化する。
この時期の炎天下だと、自然“焼き付け”塗装?
とにかく塗装面を遠慮なく触れる状態になっているので、一旦引っ込んで屋根をマスキングした後、車体の塗装へ。
塗色は、ニモ電に続けて陸自・薄松葉色。
マスキング・ゾルがないので、前照灯レンズはテープでマスキング。
想像していたよりは、意外にレンズ面へ吹き込んでない。

Dsc_7144
上回り再組み付け後、下回りと仮組み。
床下機器がまだ塗装できてないので、台車枠がまだ組み付けできないのである。
芋社長のごとく、マスキングテープでぐるぐる巻きにして吹きつけするか、それとも筆塗りで済ますか?

2010年7月 2日 (金)

洗浄。

Dsc_6939_
遠慮なく水に浸けられるキャブ、台車枠を洗浄した後、ボンネット部の洗浄。
要注意の電気部品を裏側から。
電線と接片、そして前照灯への配線穴。

Dsc_6941_Dsc_6946_
そして、問題の前照灯周り。
レンズが外れたところで、LEDが外れないので意味なし。

結局、片面ずつ水に浸け、配線穴から前照灯内部への浸水に注意して慎重に作業。
洗剤の洗い落としが不十分かも?と思いながらも、サッと終わらせ、缶ブロアーでさっさと水分をはじき飛ばす。
一応、日曜に塗装できそうだけど、天気はどうだろう?

2010年6月28日 (月)

バラした。

Dsc_6929_
今、もうこんな感じ。
富・琴電の時との違いは、店頭購入なので試走済みでの引き取りなので、1mmたりとも走らないうちにバラした訳ではない、という点。(w
以下、バラしながら気づいた点、取説書に載ってない点をいくつか。

Dsc_6930_
昨日、最初に毒づいた前照灯。
LEDと配線組み込み済みで、それも外れない。
でも塗装前には洗剤で洗えという。
どーやって保護しろと?
ビニールテープを切って貼ってしてみる?
とりあえず、天賞堂社員はどうやって洗浄するか、実演してみせてくれ。

窓ガラスは、キャブを外したこの状態になった後でないと外れない構造。
キャブは、台枠を側面から押すと簡単に外れました。
塗装済み品は、塗幕が融着して外れにくい可能性が。

前照灯ON/OFFスイッチの操作のために外れる点検蓋は、未塗装のままだと逆さまにしただけでも落ちるので、パッケージから取り出し時に失わないよう要注意。
多分、塗装するまで外しぱなしにしておくのが正解。

Dsc_6932_
真鍮線に塗装、取付済みの手すりは、もう一部に塗装剥落箇所が。
外す事は考えずに、このまま塗り重ねるのが正解の様子。

Dsc_6935_
下回り。
台車枠も塗装するために台車を外すと、ジョイントが抜けるのは当然として、抜けた後の入れ方が取説書に記述がない。
文章では説明できないが、とにかく突っ込んでハメるしかない。
これが上手く行かず、再組立を断念してクレーム付ける購入者続出になりそうな予感。
「抜けるから気を付けろ」とかいう内容の記述も一切ないので、クレーム付けられても文句は言えまい。
また、ハメるためには、ジョイントの状態を見えるようにするため、上面のプリント基板を外す必要がある。
でも、モータまで外しても、上手くハマらないと思われる。

床下機器のエアタンクとブレーキシリンダ。
外れないなー、と思っていると、取説書には「外れません」の記述が。
アホかーーーーーーーーー!!!!!!!!!
外れへんのやったら、塗装しとかんかいーーーーー!!!!!
もしくは、未取付で出荷せんかーーーーー!!!!!

ちきしょー。
ボークス京都のイベント前に入手してたら、直接社員に食って掛かれたのに。
残念。

2010年6月27日 (日)

引き取ってきた。

Dsc_6928_
今話題の天賞堂・プラ完成品、東芝戦時形40t凸電が本日お輿入れ。
アンデコ仕様なので、ご覧の通り真っ白。

で、このアンデコ仕様にだけ入っている取説書で、バラシの手順を確認。
そしたらアンタ、「前照灯レンズは外れませんのでマスキングしてから塗装して下さい」との記述があるじゃないですか。
アンデコ仕様なのにどこかバカな事してんじゃないか? と警戒してたら案の定。
取り付けないで出荷すりゃいいだけの話なのに。
発注先に作業指示ちゃんとできない証拠じゃないか。
これで、バラし始めて次に「ナメとんのかオラァ!」てな状態になったら、翌日速攻で電話でクレーム確定。
遠慮はせんぞ。

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ