旧品再生

2012年10月 8日 (月)

旧客をレストアする・その5

3輌まとめて完結編。

続きを読む "旧客をレストアする・その5" »

2012年8月20日 (月)

旧客をレストアする・その4

とりあえず1輌完成。

続きを読む "旧客をレストアする・その4" »

2012年8月12日 (日)

旧客をレストアする・その3

あるはずの在庫がなかった、ぶどう色2号。
会社の若いヤツが定時後にTAMTAMまで行くってんで、メモ渡して購入依頼。
翌日、渡されたレシートを見ると、定価販売。
TAMTAMって、安いのをウリにしてる店やなかったかー?
ジョーシンの方が安いやん。
安くなかったら、夜遅くまで開いててクルマで寄り付きやすい事しか値打ちないやん。
さしずめ、模型業界のドンキホーテ。(w

続きを読む "旧客をレストアする・その3" »

2012年7月10日 (火)

旧客をレストアする・その2

半年放置したけど、西武ニモ電のついでに手を入れました。^^;

続きを読む "旧客をレストアする・その2" »

2012年1月14日 (土)

旧客をレストアする・その1

印刷した型紙の窓抜きを始める前に、こんなのに手を出してしまってます。^^;

続きを読む "旧客をレストアする・その1" »

2011年8月17日 (水)

紙成型紙・クモユニ143 その10

そんな訳で、屋根を塗ったら一気に完成に持ち込む。
Dsc_7547_Dsc_7548_

荷物室の保護棒は、フジモデルの窓保護棒・銀・狭幅を使用。
ついうっかり定番のウグイス色印刷済みの窓セルを使ってしまいそうになるが、実車はSUS製のようなので、ここは要注意。
Dsc_7550_

クヤ165に続いて、方向幕を遊んでみた。
パンタ側は、身延線で現役時代に115系と併結される際に表示されていた、青地に白文字の「普通」標記。
そして逆側は、単独運用時の定番?の「荷物」標記。
Dsc_7545_Dsc_7543_

以上でとりあえず完成という事で、感慨にふける間もなく、箱詰めされてコイツだけ東上する事に。
製作者自身は不在ながら、車輌だけはJAM会場にいるので、皆さんよろしく。m(_ _)m

そしてクモユの現状。
同時に屋根を塗って、エアコンも搭載完了。
Hゴム固定窓が多くて、色差し完了にはまだまだ遠い状態。
Dsc_7549_

2010年9月20日 (月)

夏の宿題。

7月に暑い中を塗装したモノをえぇ加減片づけないと、仕掛かり車輌置き場が満杯になっている事に気づいて、仕上げ作業。

Dsc_7431_Dsc_7432_
近鉄タイプに窓セル入れと幌枠取付。
さてこの2輌、どういう素性の設定にするか考えてみた。

シルヘッダーありのTcは、終戦直後に増備された運輸省規格形。
当初はMcとする予定だったのが資材不足で実現せず、そのまま現状に至る。

ノーシルヘッダーのMcは、前述のTcの設計をコピーして製作された木造車鋼体化車体。
Tcより後年の作なので、ノーシルヘッダー車体に。
イメージの元ネタは、旧・宮電木造車を鋼体化した琴電・60形67。

Dsc_7430_
並べると、シルヘッダーの有無以外はスッキリする2連。
元ネタは同じなので、当たり前。(w

Dsc_7434_Dsc_7436_
こちら、同じ近鉄タイプでも元・伊勢電の方。
Mcとの組み合わせ2パターン作ってみた。
名鉄タイプ(元・知多)、そして南海タイプと。
どっちと合わせてもいい感じ?

Dsc_7437_
再生品のクモハ60。
今度は、インレタ貼り中に塗幕がシートの粘着物に負けたりせず、無事にナンバーも入れも完了。
あとは在庫のないパンタを、買ってきて載せるだけ。

2010年7月27日 (火)

1年寝かしてしまった。(汗

旧品再生中のクモハ60。
インレタ貼りで塗幕が剥がれたネタをここに書いたのが、去年の4月。
その後、窓ガラスを外さずに済むよう窓下部分だけマスキングして再塗装したところ、先に塗装した部分とトーンが見事に揃わず。
同じボトルから塗料出してるのにおかしーなー?
仕方ねーなー全再塗装かよー。
でも、そろそろ80系始めないとお披露目予定に間に合わねーよ。
……てな感じでその後放置。
先日の連休最終日に、当初予定になかったのが急遽バラして再塗装に着手。

Dsc_7139
1週間おいて屋根も塗装。
さて、今度はインレタに負けなければいいのであるが。^^;

2009年4月22日 (水)

旧品再生(その12)

Dsc_5084_
車体、屋根の塗装が上がってレンズ類を入れ、窓セル貼って後はナンバー入れるだけの状態に。
さぁ、これで完成だ! と思ったら、トンでもない落とし穴が。
ナンバーを転写し損ねたのでセロテープで剥がそうとすると、いっしょに塗幕の層もペロンと剥離する事態に。

Dsc_5085_
剥がれた下を見ると、元のナンバーの白い手書き文字が。
どうも、手書き文字に使った塗料に新しい塗幕が食いついていなかったため、アッサリ剥離したらしい。

Dsc_5088
ペーパーで手書き文字の塗幕を荒らした後、筆塗りで下地のオレンジを塗る。
このままでは色合いが揃わないので、時間ができたら再度吹きつける事にする。

2009年3月23日 (月)

旧品再生(その11)

先週金曜は祝日で、世間では3連休。だがしかし、“トヨタカレンダー”準拠の会社カレンダーでは出勤日。
ところが出勤しなくてはならない用件は延期になったので、「カレンダーの赤い日は休むのだ!」と貯まってる代休を押し込んで世間並みの3連休に。
……としてしまった後で気づいたが、先週は月曜も代休で休んだので、3日しか出勤してない。(苦笑

そんな訳で、パーツが揃っていたから木曜の夜に床下機器を床板に貼り付け。
そして金曜に塗装。
これでクハ68は完成で、クモハ11と合わせて一応は福塩線の2連が成立。
しかし2輌では寂しいので、3輌目として怪しいモノを仕掛け中。
オレンジ色で仕上げるクモハ60が片づいたら、ぼちぼち再開せねば。Dsc_5067_
Dsc_5068_ Dsc_5069_

より以前の記事一覧

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ