80系・旧品再生

2010年6月15日 (火)

LED換装。

先日、和に持っていった80系。
奇数方クハ86のLEDがトンだ。
完成後2回目で、作業中にしくじった分も含めれば3回目。
何か祟られてる?--;

これまで、単純に抵抗と定電流ダイオードだけで構成していたが、今回の換装を機に点灯回路基板を入れてみる事にした。
使ったのは、ワンダーキットの1.5V白色LED点灯キット
以前、S田氏がブログで「これは良さそう」と書いておられたブツで、大阪・日本橋に行ったついでに直販品を仕入れてきたもの。
1セット:\500-という事で、バラで部品を揃える手間と基板がセットに付いている事を思うと、かなり割安感のある製品。
しかし、まさか買って早々に搭載するような事態になるとは思わなかった。(汗

Dsc_6919_
組むとこんな感じ。
電源は最大6.07.0Vまで入力可の回路なので、12Vまで印加できるよう300Ωの抵抗を、また逆電圧で回路が破損しないようダイオードを電源側に入れてある。
この抵抗とダイオード組み込む前に測定した結果では、パワーパックの出力が11V時に、基板に直接印加されている電圧は1.5V。
最大入力電圧の6.07.0Vまではまだ余裕があるので、15V程度の出力のパワーパックでも大丈夫だろう。
電解コンデンサと石を耐圧が異なるタイプに置き換えれば、直接12Vが印加できるかもしれない。

Dsc_6924_
床板に組み付けた。
基板に取付のネジ穴は開いていないので、パターンに支障しない箇所にφ1.5の穴を開け、スペーサを挟んでM1.4のネジで取り付けている。
組み込む場所によっては、両面テープの方がいいかもしれない。

Dsc_6921_
車体裏側のLED取付状態。
LEDと電線を黒テープで固定。
基板との接続はコネクタ。
窓越しの見栄えはあまり良くないが、接続は確実。
まぁ電気屋であるが故に、こうしないと気に入らない部分?

Dsc_6910_
12V→5Vの変換に当初使おうとしたコンバータ基板で、その正体は画像右側にあるシガーソケット用USB充電器。
そして左の基板が、外装を外した中身。
100均で売っているような代物なのに、いっちょ前にスイッチングICらしきモノが基板に載っている。
USBソケットを外したら、入力電圧の変動に対する出力電圧の変化を調べてから、実用について考える事にしよう。

2010年5月 3日 (月)

収納箱の移し替え。

Dsc_6695_Dsc_6696_
昨年、再生した80系。
予算の都合で、収納箱は100均で見つけて来た箱。
20m級4輌収納できてそこそこ頑丈で背がちょっと高いが、悪い箱ではなかった。
とはいえ、問題は持ち出す時にあった。
4輌か8輌で持ち出す時はいいが、6輌で持ち出す事ができない。
最初はそれでいいと思っていたが、やっぱりその中間の6輌で持ち出したい時もある。
で結局、いこま工房の2輌単位で収められる収納箱を4箱購入。

Dsc_6698_
詰め替え完了後、旧100均箱と並べて比較。
背は低くなったが幅が拡がったので、大きくなった体積は従来比・1.5倍くらい?
次は箱に貼るラベルを、GW中にはいつものように整備しないとなぁ。

2009年11月10日 (火)

80系再生・その14

80系を持ち出す本番までに余裕のある日程で仕上がったので、思いついたけど後回しにしていたクモユニ81への追加工を行う。
クハ86にライト点灯スイッチを追加している時に思いついたもので、クモユニ81の連結側のライトも消せるようスイッチを追加する加工である。

Dsc_6150_Dsc_6151_床板にスイッチ用角穴と固定用ネジ穴を開ける。
今回は電子部品パーツ箱に在庫のあったスライドスイッチを使用するので、この形状の穴に。


Dsc_6152_一度取り付けて穴形状確認の後、ツヤ消し黒を塗って木の地色を隠す。
乾燥後再取付、配線を行って原状回復。
 
 
Dsc_4005_さしずめ、神田川俊郎の「ちょっとの一手間の工夫」のようなものか。
これにて80系再生は完了。
今週末、花月園にてお披露目予定。

2009年11月 9日 (月)

80系再生・その13

Dsc_6133_Dsc_6136_残り3輌、完成。
奇数向きクハに、1個だけ残っていたカツミのエースカプラーを付けたが、何とも不細工。
やはり、一段上がった床板に付くのが前提の構造だからか?
普通にエンドウ密連にするか、いずれ何か手を入れる事にしよう。

Dsc_6146_前照灯の試験点灯で、クロスフィルターで撮影。
組み込み用に配線をハンダ付けしていたら、LEDの1個がオシャカに。orz
φ3.0の電球色LEDは2個しか仕入れてなかったので買い直しに行く事を考えたが、点灯した時の電球色の黄色味の強さが気になっていたので、在庫のあった白色を取付。
こうやって並べてみると、電球色が黄色のクリアに見えてくる。

Dsc_6147_

2009年10月31日 (土)

80系再生・その12

Dsc_6125_mDsc_6127_クハ86、マスキング→塗装完了。
おでこ両肩の塗り分け線がちょっと失敗したぽいが、マスキングテープをテンプレートから切り出した効果があったなりの出来。
ちなみに、マスキングテープの黒い線は、水平垂直と中心を出すために切り出し前に描いておいた基準線。
これはこれで、効果があった気がする。

Dsc_6129_Dsc_6131_先に塗装の上がってるモハ80を順次仕上げる。
窓のアルミサッシは、100均で売ってる銀テープを細く切ったものを貼って表現。


Dsc_6130_モハばかり3輌並べてみた。
パンタは、古いプレス製PS-16の在庫をかき集めて搭載。
当然、残るモハもう1輌分も確保してある。
ベースにしているボディの時代性を考えると、これで妥当に思える。

2009年10月25日 (日)

80系再生・その11

マスキング完了。
寝る!
Dsc_6125_

2009年10月20日 (火)

80系再生・その10

Dsc_6043_塗装できる週末までにする作業。
マスキングテープ切り出し用のテンプレートの作成。
資料からCADで作図し、プリントアウトして厚紙に貼って切り出す。
エッジを瞬着で固めた後、ペーパーを当ててエッジやカーブを滑らかにする。
貼り方に失敗しなければ、これで“金太郎塗り”が左右均等なカーブに仕上がるはず。

実は意外と、メーカー完成品でも“金太郎塗り”のカーブが左右均等でないモノが多い。
「ホントに?」と思ったアナタ、今度出るエンドウ・70系でもいいから、店頭でチェックしてみるといい。
少なくとも、15年くらい前にエンドウが初めて自社製品化した時の70系は、仕上がりにバラつきがあった。

Dsc_6044_Dsc_6049_前照灯の点灯化作業。
定電流ダイオードと抵抗を載せた基板に、今回は更に消灯スイッチを取り付けてみた。
クモユニ81が付く側は連結時に点灯不要なので。
LEDは、いつもなら白色を使うが、今回は電球色を使用。

Dsc_6050_Dsc_6052_基板の取付は、通常とは逆の下向きに。
スイッチを、床下側から操作できるよう操作部を下に向けるためである。
使用したスイッチは、プッシュ式のオルタネイト形。
100均で買ったLEDライトが壊れたモノから、バラして残しておいたパーツである。

2009年10月18日 (日)

80系再生・その9

Dsc_6035_工程が先行してるモハ80・3輌とサハ85。
4回目の塗装で、屋根にグレーを塗る。
これで次は、窓セル&ナンバー入れの仕上げ工程に移れる。
 
Dsc_6039_クハ86・2輌。
オレンジ色が回りきってない箇所があったので、もう1回吹き重ねる。

そして再塗装のモハ80・1輌。
クハ86にNG出す前にマスキングを完了させてしまったので、グリーンを吹いてしまう事に。
次の工程のクリア吹きはクハ86と同時にする予定なので、しばらくストップ。

Dsc_6040_Dsc_6041_サハ85に下回りを合わせてみた。
カワイ完成品のサハ87と並べると、トーンの違いが判る。
と言っても、ここで見られる画像で判るほど、歴然とした差ではないが。

Dsc_6042_そのサハ87のトイレ窓をスリガラスにしてみた。
これで、奇数側かどっちか判りやすくなるので都合がいい。

2009年10月16日 (金)

80系再生・その8

Dsc_5996下回り組み始め。
モハ80用の床板で、穴が2つ開いていた床板は2Mに。
予算と間に合わせたい日限との折り合いで、動力は旧来からのインサイドギヤ&縦型モータでしのぐ。

Dsc_5997こちらは1Mで。
以上の2M車と1M車が各1輌あれば8輌編成走れるはず、という事で、残る2輌はMなしに。
 

Dsc_5998サハ87。
床下に追加した水タンクが、結構目立っている。
追加したのは正解のようだ。
 
Dsc_5999サハ85。
完成した下回りと組み合わせてみた。
この週末に屋根が塗れたら、ほぼ完成に。

2009年10月12日 (月)

80系再生・その7

モハ80・3輌とサハ85は塗装3回目。
屋根の塗装前に、カワイ完成品車体とツヤを揃えるためにクリア吹きつけ。
元の吹き付けたままよりはツヤが出たものの、カワイ完成品車体ほどのツヤにはならず。
見た目にあまり変化ないので、画像は省略。

Dsc_5992_クハ86・2輌と塗り直しのモハ80・1輌、1回目の塗装。
マスキングの容易さを考えて濃緑から塗り始める事も考えたが、「薄い色から」のセオリー通りの黄カン色から塗り始める事に。
マスキング手順を考えると、こっちからの方が良さそうに思えたので。

Dsc_5993_MG未調達のクハ・1輌分を除いて、下回りを塗装。
これで、車体と並行して下回りの組み付けが始められる。


Dsc_5995_カワイ完成品車体のサハ87は、床下機器がエアータンクとブレーキシリンダだけで、ちょっと寂し過ぎ。
そこで、大きくて目立つ水タンクと、パーツ箱で余ってた機器BOXを追加で取り付けて、他といっしょに塗装。
勿論、カワイのシールは塗り潰されぬよう、マスキングして。

より以前の記事一覧

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ