« 国見山石灰鉱業(株)専用線・その1 | トップページ | 生存報告。 »

2015年2月 7日 (土)

国見山石灰鉱業(株)専用線・その2

この専用線がどこにあったかご存じない方はこちらを。
ストリートビューでもいくらか見られますが、奥地の方は道路がない事になっているので、全線見る事はできません。

それはさておき、やっぱり動いているところが見たいよなぁ、と思った先のツアーの参加者の一部で、ワゴン車乗りを仲間に引き込んで約1ヶ月後に再訪問を敢行したのでした。

夜明け前に出発の予定が、いつも我が儘言って予定を引っかき回す知人のせいでやっぱりぐだぐだになり、着いたのはお昼前。早速目の前を凸電が山から降りてきた。
Kunimi101Kunimi102Kunimi103Kunimi104

荷下ろしの様子も、撮影させてもらえました。
Kunimi105

荷下ろしが完了したら、再び積み込みのために山を上がって行きます。
先頭の乗務員室の中には、前方監視の乗務員の方の黄色いヘルメットが見えます。
Kunimi106Kunimi107

山からまた降りてきたところを撮ります。
Kunimi108Kunimi109Kunimi110

足場を変えて、上がって行った先でも撮影。
Kunimi111Kunimi112

そして終点の積み込み場まで来ました。
Kunimi113Kunimi114Kunimi115Kunimi116

せっかくなので、上部トロッコ軌道の動いている姿も見に行きました。
ちなみにこの日は川には水が流れていたので、川底を歩けません。^^;
Kunimi121Kunimi122

有り難い事に、稼働中の荷下ろし場にも入れてもらえました。
トロッコが荷下ろし後、ケーブルから外れどうやって折り返すのか、№150の動きを追いかけてご覧下さい。
Kunimi123Kunimi124Kunimi125Kunimi126Kunimi127

終端部は古タイヤにド~ン! とぶつかっての折り返しです。
タイヤの潰れ加減に注目!
Kunimi128Kunimi129

いつまで見ていても飽きない楽しい場所とはいえ、また長距離を帰らねばならないので、後ろ髪を引かれる思いで帰路に就く事に。

その後は、度重なる輸送力増強のための改変があったのは、皆さんご存じの通り。
DL化、上部トロッコ軌道のコンベア化、そして専用線のコンベア化で、長年に渡る鉄道としての姿に終止符が打たれたのでした。
まぁ、我々のような酔狂な趣味人が仕事場にジャマしに来るような事がなくなったので、現場の方々は心配事がなくなって有り難い事でしょう。

※補足
今日の執筆中に思い出した、現地で聞いた話。
DL化する話は、訪問時既にあった。ボギー車になって貨車1輌あたりが重くなった分、南海型では牽引力が苦しくなっていたため。
駐車場に放置されていた貨車2輌は、DL化で牽引力がUPしたら本線へ入れ増結する予定だった。

« 国見山石灰鉱業(株)専用線・その1 | トップページ | 生存報告。 »

実物の話題」カテゴリの記事

コメント

ちょっと目を離したスキにすばらしい記事やないかあああああ嗚呼嗚呼~!

>犬のおっちゃん
モハメイドペーパー師匠にも褒められましたぁぁぁぁぁ!(゜∀゜)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国見山石灰鉱業(株)専用線・その1 | トップページ | 生存報告。 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ