« 忙中閑あり。 | トップページ | お花見と撮り鉄。(その1) »

2013年3月15日 (金)

キハ35-900番台

プラ完成品としては初のトラムウェイ製・キハ35系。
昨年末に発売になって早々、国鉄色は各方面で売り切れ続出らしいですが、自分は国鉄色には全く目もくれず、銀色のSUS車体の900番台を買ってしまいました。

予約して年末に届いたのが銀1色。そしてその出来栄えに気を良くして、今月追加で買ったのが赤マスク付き。
Dsc_1252_Dsc_1253_

旧作のフェニックス真鍮キット組み品と並べて。
真鍮の方も、エッチングで表現してある割によく出来てるなぁと感心したり。
一方で、プラの方は運転席窓の脇にある通風口が省略してあるのは、ちょっと頂けません。これこそ欠かせないワンポイントなのになぁ。
そして、M田氏の指摘で気づいたのが、側面台枠の不揃いなリベット。
オリジナルの無塗装時代は、リベットが綺麗に揃って並んでいたはずですが。
製品は多分、横川に保存してある900番台をサンプルにして作ったんでしょうね。
補修でリベットがなくなっているのをそのまま再現してしまって。
そこまで再現するのは、首都圏色と相模線色だけでいいのに。(苦笑
Dsc_1255_Dsc_1260_Dsc_1257_

プラと真鍮で連結させてみたところ。
こうやって見る分には違和感なし。
肉眼で見ると、プラの方が少し黒い感じがする。
Dsc_1259_

最後に、実物の写真を。
ざっと30年ほど昔、高校の鉄研の夏休みクラブ旅行で八高線を縦走した時に撮影したもので、撮影場所は高崎機関区(気動車は第1,第2のどっち配置でしたっけ?)と拝島。
Kiha359001_Kiha359002_

« 忙中閑あり。 | トップページ | お花見と撮り鉄。(その1) »

プラ完成品,キット」カテゴリの記事

コメント

気動車の配置は高崎第一機関区でした。
当時の高一には、D51や96、C58やC11、C12等多彩な機関車が配置されていました。
トラムの35、よくできていますね。そしてフェニックスの真鍮キットも、古い製品としてはかなり良い出来なのではないでしょうか。
両方とも、次回の花月園で拝見させて下さい。

相原さん、回答ありがとうございます。
高1の方でしたか。
じゃあ2の方が電機ですね。
当時、入ってすぐのあたりにEF55が寝ていた写真も、どこかにあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忙中閑あり。 | トップページ | お花見と撮り鉄。(その1) »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ