« 岩手に出張行ってきました。(その2) | トップページ | 岩手に出張行ってきました。(その4) »

2012年8月 4日 (土)

岩手に出張行ってきました。(その3)

お仕事終わって帰るだけの5日目。
前夜思い立って目覚ましを朝5時にセットし、オリンピック中継の誘惑を絶って日付が変わる前に就寝。

目覚まし一発で目を覚ましてしまったので、観念して(?)身支度し駅へ。

待ち構えていた始発電車は、701系。
走り始めると、なかなかの轟音で力走する。
M_sn3o0027

2駅先で降りて改札を出ると、そこは逆サイドなので地下道をくぐる。
出てきた目の前は……ラジオ体操やってるど真ん中。
人が出てくる場所を真ん中にしてラジオ体操やってんじゃねーよ。(汗
で、画像左の自転車置き場も含めて、この付近一帯がかつての駅&車庫跡地。
更に奥へと進んで行く道は廃線痕で、この先で右へとゆるくカーブして行く。
M_sn3o0028

カーブのあたりから、廃線痕は自転車道になる。
更に進んで行くと、その右手に見えてくるのは……
M_sn3o0029 M_sn3o0044 M_sn3o0030

ここは花巻市・材木町公園
そう、花巻電鉄の『馬面電車』デハ3!
厳重にオリの中に収められているので、程度は良い方。
M_sn3o0031 M_sn3o0032 M_sn3o0033 M_sn3o0036 M_sn3o0037

金網の隙間から細部撮影。
レンズの小さい携帯での撮影だからできる、一眼では難しい芸当?
M_sn3o0038 M_sn3o0039 M_sn3o0040 M_sn3o0041 M_sn3o0042

少し引いた立ち位置から、背後の建物を入れて。
移築された元・花巻町役場で現在は「市民の家」。
1929(昭和4)年の築で、宮沢賢治が病没した時には、この建物で追悼集会が催されたとの事。
また、撮影した立ち位置の背後には、電車が行き交っていた時代を実際に見ていたであろう、古風なレンガ積みの塀がある工場も。
M_sn3o0043

駅まで戻ってきて、今来た方向と逆方向を見る。
この先も廃線痕で、更に進むと花巻温泉、逆に背後方向へ進むと西鉛温泉となるのである。
M_sn3o0048

再び地下道をくぐって改札を通る。
跨線橋の窓から見える駅跡。
そして右奥へのカーブが、花巻温泉への「鉄道線」と呼ばれた路線痕である。
藪なんだか生け垣なんだか判断つきづらくなっている石垣の上は、かつては温泉客を誘うネオンサインが林立していた場所。
M_sn3o0049 M_sn3o0050

電車を降りてから戻ってくるまで1時間弱、日が上がって暑くなり始める前に作戦行動は終了。
実は、写真展の会場で諸河氏に
「これから花巻の手前まで行くので、保存車を撮って来ようかと思ってるんですよ」
と話していて、
「意外と距離あるんで、タクシーで行った方が楽ですよ」
とアドバイスもらっていたのが、拍子抜けするほど近かった。
多分、花巻駅の正面からだと、結構時間がかかったのかも?

【つづく】

« 岩手に出張行ってきました。(その2) | トップページ | 岩手に出張行ってきました。(その4) »

実物の話題」カテゴリの記事

コメント

岩手県でも、かなり内陸部にあたる場所ですね。あの日以来、被害状況が気になっていましたが、北上市は一見被害が大きくないようで…。

しかしながら、まだ小規模な余震があるようですので、ご出張されたよこやまさんも、現地東北の皆さんも無事で何よりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩手に出張行ってきました。(その2) | トップページ | 岩手に出張行ってきました。(その4) »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ