« DD54のパーツ取付。 | トップページ | クモル23の2M化・その1 »

2012年3月 4日 (日)

DD54をバラす。

今回で、とりあえず完成状態に。
でその前に、今まで書いてなかった事を1つ。
今回、手すり類の取付に使用した接着剤は、即乾型木工用ボンド原液。

それはさておき、DD54の説明書。

DCC対応を謳っているのに、説明書にはDCC基盤を搭載するためのバラし方の説明がない。
なんじゃそれは! と思っていたら、早速バラした方を発見。
そこでの記述に従ってバラしてみた。

Dsc_0423_
ネジ4本で止まっていて、あとはこじて開けば外れるという事で、そこの画像を参考に外すべきネジを探す。
ひっくり返して見える範囲のネジは、一切外す必要はなく、台車の奥の穴の底に該当するネジの頭がある。

Dsc_0424_ Dsc_0425_
DCC用スピーカの配線が仕込んであるが、端末をハンダで固めた導通部むき出しの電線がテープで止めてあるだけ。
しかも、既にテープは浮いてる。
使わないのにそのまま元通りに車体を被せるのは、電気屋として許せないので、基盤側のコネクタから外して他の余ったパーツ類と共に別途保管する事にする。

Dsc_0427_ Dsc_0429_
バラして軽くなり前面を触りやすくなったついでに、ナンバー入れと連結器開放テコの取付を実施。
昨日、しばらく様子見と書いたばかりなのに。^^;

前面は、TOMIX・DF50の残りを使用。
1文字ずつ貼ったも同然なので、文字が不揃いでガタガタ。
側面は製品付属品を使用。
いずれ機会があれば貼り直す予定。
そしてメーカース・プレートは付属の金属製を貼り付け。
ここはそのままだと、DF50と揃わないのでカッコ悪い。^^;
なお、ここだけ接着剤はGクリアを使用。

Dsc_0422_
順番が前後するが、バラしとナンバー入れの前に手元に来て初の通電を実施。
実車とは打って変わって、快調かつ静かな走行音。(w

« DD54のパーツ取付。 | トップページ | クモル23の2M化・その1 »

プラ完成品,キット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DD54のパーツ取付。 | トップページ | クモル23の2M化・その1 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ