« 今年の1作目。 | トップページ | 出張日記・東武小泉線→秩父鉄道の巻(復路の部) »

2011年2月 6日 (日)

出張日記・東武博物館の巻(往路の部)

1/28、久々に群馬出張。
PLCソフトを触るだけなので、社用ノーパソ1台だけ持っての新幹線移動。
この日は移動だけなので道中の寄り道で、デッカー電機と“ネコひげ”が公開された東武博物館へ10ン年ぶりに行ってみる事にした。

品川で、この日休みだった知人と合流。
昼食してから……と思っていたら、改札内改装中で飲食店全滅状態。
じゃあさっさと身軽になるべ、と京急~都営経由で浅草へ。
コインロッカーに荷物を押し込んで身軽になった後、まずは昼食へ。
付近をぐるっと回って、神谷バーの2Fのレストランで、日替わりランチ。
食前酒の赤ワイン付きと、なかなか優雅である。

Sn3o0062_Sn3o0064_Sn3o0067_
店を出てホームに上がり、動き出してすぐのスカイツリー工事たけなわの業平橋で一旦下車。
スカイツリー完成の暁には駅名変更されるので、駅名票、工事風景を撮って改札を出ずに次の電車へ乗り込む。

東向島で下車し、博物館へ入場。
ピーコック、デ5を横目に、デッカーとネコひげを一直線に目指す。

Sn3o0081_Sn3o0074_Sn3o0075_
デッカー電機・ED101。
姿を見るのは、近江鉄道・ED4001として彦根で長い昼寝をしていた頃以来。

Sn3o0077_Sn3o0078_Sn3o0080_Sn3o0069_
もう1つのお目当て、“ネコひげ”57系・5700形。

Sn3o0079_
その車内。
多客時の補助イスも展示されている。

Sn3o0070_Sn3o0071_
“ネコひげ”前面復元の際に使用された金型。

Sn3o0082_
館内展示の5700形半流前面・カットモデル。
製造元のアルナ工機で保存されていた5703のもの。
上記の“ネコひげ”は、この顔で搬入されてから復元された。

Sn3o0084_
ED5015。戦後派の電機で、東武で保存された唯1輌。
但し、譲渡された三岐鉄道ではまだ多数が働いている。

Sn3o0085_Sn3o0086_
富士重工のキャブオーバーバス。
そして、日光・明智平ロープウェイの搬機。

Sn3o0087_Sn3o0088_
館内を端から端まで回ってから、デ5の前に戻る。

Sn3o0089_Sn3o0091_
ピーコック・5号。
この後、「SLショー」と称して、動輪を動かし汽笛を鳴らすパフォーマンスが行われる。
某温泉のD51のように空圧駆動?
でも、なかなか面白い見せ物であった。

ミュージアムショップでお買い物の後、浅草からメトロ銀座線でアキバへ出て捜し物を見つけて浅草へ戻り、松屋地下で夕食を仕入れてから18:10のりょうもう号で群馬の太田へと旅立った。

Dsc_8765_Dsc_8766_
最後に、ミュージアムショップでの戦利品。
日光軌道線の200形連接車をあしらったメタルしおり。
日光軌道線関連のグッズはコレが唯一だったので、昨年開催された日光軌道線の特別展に合わせて作られたグッズじゃないか? という気がする。

Dsc_8769_
その日光軌道線特別展の図録。
但し、これの実際の入手は翌々日に会った知人から。
このように博物館を訪ねる予定がなかった時に、特別展の開催を知って図録入手を依頼してあったのである。
掲載写真の中で一番の目玉は多分、古河電工構内専用車両のカラー写真。初めて見た。
ED25,26でおなじみ日鉄自型凸電が、日光軌道線の電車と同型のビューゲルを積んでいる姿で、モノクロでの写真は見た事があった。(多分、鉄道史料の連載)
カラーは水色で、古河電工の「山一」マークがキャブ側面にデカデカと書かれている。

ちなみに、日光軌道線の車輌が搭載していたビューゲルは、上部の団扇状にふくらんだ部分が折れて架線への追従が良くなるようになっており、Zパンタへの進化前夜のような構造の代物で、他社で使用実績のない特殊なものだった。

« 今年の1作目。 | トップページ | 出張日記・東武小泉線→秩父鉄道の巻(復路の部) »

実物の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の1作目。 | トップページ | 出張日記・東武小泉線→秩父鉄道の巻(復路の部) »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ