« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月23日 (水)

ナヤ11、今度こそ完成。

Dsc_8786
一旦完成させたナヤ11のアップグレード、作業途中を撮っていたつもりが撮っていなくて、いきなり完成状態。^^;
端梁パーツのセットに連結器開放テコが入っていたが、例によって面倒になって省略。
ブレーキホースだけは、使いかけが1本だけ残っていたので取付ける。

で、↑の1ネタでは間抜けなので、先週末に仕入れた工作机の上の新アイテムなぞ。

Dsc_8789_
ご存じハンダリール。
隣市のPCショップの雑貨コーナーに、何故か売っていた。
\200-也。
今までは、テーブルに立てて使う分だけ切って手元で使っていたが、これでコテ先を当てるだけでハンダが拾えるようになった。
うん、便利。

2011年2月22日 (火)

クモハ73600、2輌目(その1)

Dsc_8778_Dsc_8788_
長く寝かしていたひかり模型のキット。
付属の窓枠がアルミサッシなので全車アコモ改造されずに終わった阪和線には使えない、とここで書いたのは2年以上前。
その後、KSのキットをアルミサッシに交換したからと、譲ってもらった3段窓の窓枠。
有り難い話だったが元がモハ72用だったので、乗務員室直後の狭窓の分がない。
で、これに合わせてKSの窓枠が手に入れば好都合……と思って分売パーツを問い合わせたら、もう売れる分はないとニベもない回答。
どこも公式にパーツとして発売しているメーカーはないので、これまた困ったゾと更に放置
そしたら、昨年の花月園で知り合ったM氏に教えられたLazy Jackにて、窓枠が入手できる事に。
狭窓も含め全て同じタイプで揃えないと見栄えが悪いので、1輌分丸ごとLazy Jackの窓枠を手配。
手元に届いて見ているうちにムズムズしてきて、早々に組み始めた。

Dsc_8783_
さぁ組み始めたら、いきなり落とし穴。
連結面側の窓枠が、側窓と同じ幅。
手配したのが側面にちょうどの数なので、窓枠1枚足りんやん!(´Д`)
でもまぁ連結面側だからいいかと、この面だけKSの窓枠を取付ける事にする。

2011年2月16日 (水)

EF60、再びバラす。(その2)

Dsc_8742_
軽すぎてポイントで脱線しやすいと言われる中間台車。
東急ハンズで買ってきた鉛板を両面テープで貼り付け。

Dsc_8758_
標準装備のパンタグラフ。
取付足はタダの棒で穴に刺さっているだけ。

Dsc_8759_
で、パンタの刺さっていた穴。
大きさは、φ1.0くらい?
全くの素通しなので、パンタを上げる操作をしようとすると、足がすっぽ抜ける事、度々。

Dsc_8770_
形はそれほど気にならないがすっぽ抜けるのが気に入らないので、EF60を買って貯まったポイントを全部突っ込んで、更に\2,000-ほど追い金してPS-17パンタ・2丁を買ってしまった。

Dsc_8773_Dsc_8775_
という訳で、予め開いていた穴へM1.2ネジを揉んで取付。
上げた状態で前から見るとそうでもないが、真上から見た感じが良くなった。
模型という上から見る事が多いモノという事を考えると、これで正解?

Sn3o0127
日曜日、2回目にして改装後初のお披露目。
さてこうなると、あとは連結器の問題だけだなー。

2011年2月10日 (木)

EF60、再びバラす。(その1)

Dsc_8738_Dsc_8737_Dsc_8746_
手元に来てすぐにハズレかけているのを補修したスカート。
ちゃんと付いていなかったので、今度は完全に外してしまい、残った接着剤をキサゲで除去してから再取付。

Dsc_8735_
昨年、500番台が出た時に花月園運転会幹事氏のブログで指摘されていた問題点の1つ、必要以上に長い台車から上がってくる電線。

Dsc_8740_Dsc_8741_
台車をごそごそ動かしてみて短くしても問題ないと判断し、基板へのハンダ付けを外して程よい長さでカット。
ハンダ付けし直した。

さて、この電線の長さになった理由を考えてみた。
余ってる長さが、下回りを横倒しにして台車を抜いた時に、斜めに浮いたりする事なく電線が付いたまま台車も水平に置けそうなくらいの余裕がある。
基板側に予め電線をハンダ付けし、取り付けて床下へ通してから台車へハンダ付け。そして台車を組み付け。
逆の手順になる、台車へ電線をハンダ付けしてから基板へハンダ付けだと、ちょうどいい長さの電線で基板へハンダ付けできるのだから。
てか、その手順で組み付けるように作業マニュアル作れよ。頭悪ぃーな。(`Д´)

と、電気モノだと、ついつい手順やら「なぜそうなった?」を考えてしまうのは職業病か?^^;

2011年2月 8日 (火)

出張日記・東武小泉線→秩父鉄道の巻(復路の部)

1/29、朝から仕事。
日没過ぎくらいに片づくが、波乱を水面下に隠した作業完了だったので、予想通り、後日客先から追加対応を要求される。(苦笑

1/30、目覚ましの時間通りにスッキリ起きてしまう。
朝食後、荷物をまとめてチェックアウトし、最寄りのバス停から太田駅へ。
バスの時間の都合で、寒い高架ホームで30分ほど待つ。
日が高くなるにつれて、日当たりのいい場所が狭くなって行く。寒い。(>_<)

続きを読む "出張日記・東武小泉線→秩父鉄道の巻(復路の部)" »

2011年2月 6日 (日)

出張日記・東武博物館の巻(往路の部)

1/28、久々に群馬出張。
PLCソフトを触るだけなので、社用ノーパソ1台だけ持っての新幹線移動。
この日は移動だけなので道中の寄り道で、デッカー電機と“ネコひげ”が公開された東武博物館へ10ン年ぶりに行ってみる事にした。

続きを読む "出張日記・東武博物館の巻(往路の部)" »

2011年2月 4日 (金)

今年の1作目。

いろいろネタが溜まってるけど、先ずはUPが簡単なネタから。

今年初めて完成したのは、このパワーパック。
昨年、花月園へ行った際に、幹事のK田氏より壊れたパワーパックの代替で注文受けたブツ。

Dsc_8747_Dsc_8748_Dsc_8749_
TMSに載った記事を参考に作った、MOS-FET式。
昔からあるトランジスタ3段増幅式がコレ1つで済むという、シンプルさ。
電源は、12V/2.1A出力のスイッチング電源。
回路損失を考慮して、出力電圧を14Vに調整しておく。

Dsc_8751_
背面。出力とAC電源のコネクタ。
拙作のパワーパックは、ケーブル類は全て外せるようにしている。

Dsc_8753_Dsc_8755_
ケースに組み込んだ状態。
電源スイッチと電源ON表示ランプ、速度調整ツマミ、方向逆転スイッチの4点だけで、極めてシンプル。

Dsc_8757_
テプラでレタリング。
職場でジャンク箱からいいツマミが見つかったので、最初付けていた安っぽいモノから箱にふさわしいモノに交換している。
黄色いラベルは、ショート発生時の注意書き。

以上にて完成。
同時にパーツ一式仕入れているので、近いうちに続いてもう1つ、自分用の小型のモノを作成予定。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ