« 整理整頓。 | トップページ | EF60、初走行。 »

2011年1月 9日 (日)

工房、仕事始め。

皆様あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
Dsc_8661


年が明けて手始めは、昨年完成させたナヤ11の追加改造から。

完成お披露目で持ち込んだ花月園での画像。
見ていると、台枠端部がツルンとしていて何か間抜け。
Dsc_8583_

で、それが気に入らないからと、エコーの端梁パーツを仕入れてきて、取り付ける事にする。
実車では全て撤去されたジャンパー栓受は、惜しげもなく全てカット。
Dsc_8659_

床板の取付予定場所もざっくり欠き取る。
Dsc_8660_

さて話は変わって、昨年予約したトラムウェイのEF60が、本日やっと着荷。
Dsc_8662_

開けてみると、付属のナンバーは組み合わせ済みの4種のみ。
0~9のフリーで使える数字はナシ。
そして付属の製造銘板は川崎と東洋/汽車の2種のみ。
なんかもー、設定できるナンバーと配置区所がすげー限られるんですが。
てか、この時点で、当初目論んだ米原区の77号機は設定不可能に。orz
Dsc_8663_

前面を見ると、塗装の拙さは置いといても、ヘッドマーク掛けの取付穴が開いてるのは何故ですか?
これは一般型仕様じゃなかったですか?
予定してたナンバーに出来なくて落胆してる上にコレじゃあ、すげームカついてくるんですが。(`Д´)

再塗装ナシでこの穴を埋めるにはヘッドマーク掛けを付ける他ないので、現状への“エレガントな回答”として、500番台の一般色化後にする事に。
ナンバーは、製品のセットそのままの502号機では面白くないので、他の数字から拾って506号機とする。
Dsc_8664_

先発のぶどう色、500番台・特急色ではポキポキ折れると不評だった、車体と一体モールドの汽笛と信号煙管は、今回は別付け部品に。
しかし、車体と同じ青いモールドの汽笛は頂けないので、前回の悪評から予め仕入れておいたエンドウのロスト製汽笛を取付。
樹脂製の太めのワイパーは、取付穴が大きめでスカスカで付かないので、見た目もスッキリする事から使いかけのまま長年の在庫だった、エコーの洋白製を取付。
そして、『塗装でも補えないくらい不出来』と評判のパンタは、とりあえずこのまま。様子を見て後日交換。
Dsc_8665_

« 整理整頓。 | トップページ | EF60、初走行。 »

プラ完成品,キット」カテゴリの記事

事業用車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 整理整頓。 | トップページ | EF60、初走行。 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ