« ナヤ11 1・その5 | トップページ | ナヤ11 1・その6(完成) »

2010年11月 1日 (月)

お試しかっ!

Dsc_8467_Dsc_8469_
2輌目のED25先日の運転会に間に合わせるため、在庫をやりくりして暫定的にケーディー#6を取付けていた。
ケツが長いと動力部に干渉するので、#5シリーズは取り付けられないためである。
ただ、#6は前方に長く飛び出してるので、これはこれで問題のある状態。
で、先日の買い物に行った模型店で、モデルスIMONの「IMONカプラー」が入荷しているのを発見。
ちょっと気になっていた代物だったので、1パック(1輌分)買ってみた。
針ヤスリを軽く当ててバリ取りをした後、組立。
接着剤不要でパチンパチンと組める。
取り付けてみた感じ、なかなかよろしい。
お値段も、1輌分当たりの価格で考えると、ケーディーより安い。
#30シリーズのお値段で比較すると、同じ出費で3輌分買えてしまう。
早くM2ネジ対応版を出してくれんものかと、期待。

また同時に、2本失われていた前端部のにぎり棒の代わりの物を調達。
グラつきやすく失われている個体が多いと言われているこの部品、旧来から所有の1輌も、1箇所グラついている。
で、某店に通販注文ついでに手配したエコーのにぎり棒。
スケールサイズのつもりかもしれんが、恐ろしく小さくて細いので使えない。
これはやっぱり、店頭で現物見ながら選ぶしかあるまい、という事で、珊瑚のにぎり棒をお買い上げ。

Dsc_7452_
さてこちら、当家で一番古くから在籍している日鉄自タイプのED26。
キットを買ったのは高校生の頃、マツモト模型で。
ちなみにこの時、このED26の前にパワトラ仕様凸電として1つ前に出た、西武・E11も在庫があったが、迷わずこっちを選んだ。

このキット、ある程度組み進めたところで、あとの仕上げまで模型店に外注してしまった。
外注先は、ペーパーモデルでおなじみだったロコモデル・京都店。
ペーパーが専門の店に何故真鍮キットの組立を外注したか、その成り行きは思い出せないが、組んでくれたのは店主だった。
パンタも自分で組むキットで、市販品が載せられるように加工しようかと思ったが、面倒なのでパンタも組んでしまったそうな。^^;
塗装は、「自社仕様」がまだ固まっていなかった頃だったので、店主お任せにしたところ南海風になってしまった。
今となっては塗色が揃わないけど、まぁこれはこれでいい思い出。

ちなみに、塗装と組立のお値段は、記憶に間違いがなければ¥17,000-。
多分、かなり“大勉強”価格のはず。

Dsc_8471_
先日の運転会に久々に持ち出したら、パワトラの車軸のギヤが、定番の“軸すべり”発生状態に。
悩む程もなく交換用車輪があっさり入手できたので、今週末の花月園では他の凸電達と快走させる予定。

« ナヤ11 1・その5 | トップページ | ナヤ11 1・その6(完成) »

凸電・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナヤ11 1・その5 | トップページ | ナヤ11 1・その6(完成) »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ