« アルモデル・ED凸電 | トップページ | 見事に釣られた。(w »

2010年11月28日 (日)

DF50にまつわるアレコレ。

先月、衝動的に買ったDF50。
発注後に、DF50おたくな知人・N田氏にレクチャーを受けた。
早期事故廃車の2~3輌以外は全て撮影したという強者である。
聞いてみると、配置区所ごとの仕様差が激しい形式だったので、細かい事や加工すると大変な事になる箇所はそのままにして、目立つ箇所だけ手を入れる事にした。

Dsc_8460_Dsc_8633_
注文したDF50は“後期形”と称するタイプ。
これに標準装備の“小型”と称するスノープロウが、実は四国限定。
米子のナンバーにする予定なので、サービスパーツで大型を取り寄せてもいいが、それはそれで普通になるので面白くない。
何はともあれ、とりあえず外す。

で、手持ち唯一の資料、とれいん別冊「車輌の視点・4」のDF50の項を見て、ナンバーは「550」に決定。
秋田に新製配置された車輌で、スカートの後ろにスノープロウがあるという特徴があったので、そこを再現してみようという訳である。
ちなみにこの秋田仕様のスノープロウ、現場では概ね評判が良く、ほとんどの転出先でそのままだったそうだ。

Dsc_8630_Dsc_8631_
スノープロウは、ネジ1本で取り付けられる構造になっていて黒染め処理済みなので、エンドウのEF58用を調達。
まずは、スカートの裏側に干渉する部分を削る。
そして、真鍮板の端切れで車体側取付用の金具を作成。

Dsc_8642_
スノープロウ側の加工だけでは取付できないので、スカートの裏側もざっくり加工する。
製品付属のスノープロウ取付箇所を削るので、もう元には戻せない。(汗

Dsc_8648_Dsc_8651_
取り付け状態を裏側から。
カプラーポケットのセンターピン穴に、M2ネジをセルフタッピングでネジ込んでいる。

Dsc_8644_Dsc_8645_
前面から見てみる。
実車の写真と比較するとスノープロウが狭い感じがしたが、まぁこんな感じか。

【余談】
Dsc_8646_
煙道脇の蝶ネクタイのような形状のパーツ。
これがあるのは、実は500番台だけなのだそうだ。
という事は、このDF50に0番台のナンバーを付けるのはNGらしい。Σ( ̄◇ ̄;

« アルモデル・ED凸電 | トップページ | 見事に釣られた。(w »

プラ完成品,キット」カテゴリの記事

コメント

富屋DF50のフニャフニャ曲がる手すり系統が気に入らず ( 横から見て、~ の状態になった屋根上に上がるステップはどう見てもおかしい ) 、フジモデルの金属パーツに買えようとしたら、入荷しない&売っていない…

こやつは、そのまんまでは四国の500番台になってしまうのですな。しかし、手元にあるのは0番台のナンバーが付いている。自分で貼った覚えはなく、運転会で誰かのと何度も入れ替わって、そのまんま、行方不明。( そりゃ、4台も同じのが集まれば… )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルモデル・ED凸電 | トップページ | 見事に釣られた。(w »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ