« 花月園に行ってきました 2010秋・その2 | トップページ | 花月園に行ってきました 2010秋・その4 »

2010年11月11日 (木)

花月園に行ってきました 2010秋・その3

とりあえず本編は今回で完結。
Dsc_8500_


Dsc_8524_
大集合の凸電、30輌余り。
集まったうちで、自分とM田氏で1/3ずつ持ち込み。
凸電を前に組む時に使うハンダごての話になって、凸電組むなら40Wありゃ十分と言い切る私。
いやほら、凸電なんて100Wのこて先が入らない形状のヤツばかりですがな、アンタ。
まぁそれ以前に、私ゃ40Wのこてしか持ってないんですが。(w

Dsc_8533_
DCCチームの新兵器、iPadアプリでのコントロール。
線路に接続された端末から、Wifi接続での制御?

Dsc_8562_2Dsc_8565_2Dsc_8563_
F原氏のクモヤ191+190・電気検測車。
投光器を照らしながら走り回る。
普通の旅客用車輌ではできない楽しみの1つである。

Dsc_8570_
赤と青の京急電車が顔を突き合わせている手前には、素知らぬ顔して居座る荷物室付きオハネフ25を車端に連結した特急瀬戸編成。

Dsc_8571_
自分のクモル23・2輌にF原氏のマヤ34を挟み込んだ、大鉄局の“マヤ検”編成。
クモルが非力で『高速軌道検測』にならず、介添え付きで何とか一周という体たらく。
ホントに『高速軌道検測』にすべく、2M化せねば。(汗

Dsc_8574_
持って来た凸電の中で、パワトラで足回りが揃ってる4輌で4重連。

Dsc_8583_
今回の運転会に合わせて作ったナヤ11を置いてみた。
結構いい感じ。

Dsc_8586_Dsc_8597_
N村氏のED45 11+スヤ1。
こういう角度で見ると、ED45 11の車体は大井川のE100形あたりの三菱製デッキ付きED級電機の系譜にいる車輌なんだなぁ、という事がよく判る。

Dsc_8587_Dsc_8590_
持ち込んだもう1本の旧国、阪和形を先頭にした阪和線編成。

Dsc_8599_
F沢氏の都営新宿線・10-000系。
SUS車体の光沢が美しい。

Dsc_8600_
続けてF沢氏のDD50重連。
この時に披露した、以前に知人から聞いたウソかホントか判らない“伝説”の事件を話したところ……

Dsc_8603_Dsc_8605_
DD50で客車を挟み込んだプッシュプル運用を、この通り見事再現して下さいました。
さて、その“伝説”は、聞いた話だとこんな内容。

北陸本線が現行ルートに切り替わった後の旧線が柳ヶ瀬線として存在していた頃、DD50・2輌で客車を1~2輌挟み込んだプッシュプル運用があったという。
SGもEGも積んでない暖房の効かないDD50で厳冬期にもこのプッシュプルを走らせたところ、乗客に凍死者が発生!
即座にこの運用は廃止されたそうだ。

実際にこんな運用があったという記録は見た事がないので、“伝説”の域を出ない話なのは間違いない。
ネタ元の知人は、『鉄道の町』吹田の住人なので、運転士/機関士の間に伝わっている“伝説”なのかもしれない。
しかしこれは、一面では、気動車の絶対数が少なかった時代を物語っているように思う。
本来、DD50をムダのあるこんな運用に当てさせるものじゃなく、気動車が充当できれば低コストで済む運用なのだから。

というところで、楽しかった2日間も終了。
また半年後の再会を誓って解散となるのでありました。

【つづく】

« 花月園に行ってきました 2010秋・その2 | トップページ | 花月園に行ってきました 2010秋・その4 »

運転会、イベント」カテゴリの記事

コメント

DD50のプッシュプルの話、レイルロード刊の「国鉄DD50」に写真が載ってます。乗客凍死の件は真偽不明ですが、豪雪の為に気動車では運行不能での緊急措置なんでしょうね。

トクイ車輌さんのところからお足運び頂き、ありがとうございます。
レイルロードから発刊されていたヤツに載ってましたか。
まだ目を通した事ないんで、もしかしたら? と思っていました。
ご教唆ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花月園に行ってきました 2010秋・その2 | トップページ | 花月園に行ってきました 2010秋・その4 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ