« 花月園に行ってきました・その2 | トップページ | タキとワム »

2009年11月21日 (土)

乗務員室を作る。

Dsc_6257_

花月園に行ってきた余韻も冷めやらぬ中、取り出したのは、多分組み始めたのは20年くらい前じゃなかろか? という、旧ロコモデルのキット。
元ネタは元・伊勢電のモニ231形→近鉄・クニ6481形。
最初は、原型に近い「モハニ」として仕上げるつもりだったはず。
それが、乗務員扉のない独特の形状故に「サハニ」→「クハニ」と思惑が二転三転。
屋根板が載ったと思ったら、京成の「切り妻なのに前面雨樋は普通に貼ってある」という“だまし絵”のようなスタイルに。(これは多分に、屋根加工作業中に発売なった『とれいん』で特集した記事の影響が大きかった)

Dsc_6260_Dsc_6262_
「クハニ」とするため乗務員室の側窓中さんをカットしたが、見た目があまり変わらず面白くない。
で、何となく気が乗らず、屋根が載ったところでストップしたまま2年近く放置していたのが、今夜おもむろに作業再開。
まずはザックリと裏側からカッターの刃を入れ、窓枠を撤去。

Dsc_6264_

こんな窓枠を端材で作成。
その窓枠部品の向こうには、ペーパー自作の必需品、歌川のUカッター。

Dsc_6267_
裏から貼り付けると、こんな感じに。
乗務員扉の窓だけ、というような?
これ実際に、一族の中でクニ5361となって伊賀線に行った1輌が、末期はこのような窓に改造されていたのである。(実車は、助士席側が改造されていたが)

Dsc_6266_
台車を履かせてみた。
カツミの古いDT-13。
とりあえずは仮台車だけど、多分この台車で完成まで行く事になるかと。

« 花月園に行ってきました・その2 | トップページ | タキとワム »

フリー私鉄電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花月園に行ってきました・その2 | トップページ | タキとワム »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ