« 浜松へ出張に行った話とED28 | トップページ | 80系再生・その4 »

2009年9月 7日 (月)

80系再生・その3

Dsc_5862_クハ86、ハンダごてを当てる事になったので、塗装全剥離。
そして尾灯、タイフォン用穴を端切れで裏打ち。
元から開いてる穴が大きくて、使おうとしているパーツの取付に具合が悪いのである。

Dsc_5873_サハ(サロ)85、幌枠の耳のカット完了。
さて、幌枠はどう処理するか。
300番台と同じ構成で帯材から作るか? エコーの私鉄電車用広幅でも大丈夫か?
いずれにせよ、ホワイトメタル製の「80系用」を使うと、それだけでも“過剰ディテール”になりかねないので。

« 浜松へ出張に行った話とED28 | トップページ | 80系再生・その4 »

80系・旧品再生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜松へ出張に行った話とED28 | トップページ | 80系再生・その4 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ