« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

2009年5月25日 (月)

土曜は運転会。

一昨日、5/23は尾張旭市のスカイワードで、O島氏ほかいつもの顔ぶれで運転会。
借りてる部屋の大きさに対して空く空間が大きいとの事なので、今回はお願いして、長年使ってなかったKATO・ユニトラック一式を持ち込み。
 

続きを読む "土曜は運転会。" »

2009年5月19日 (火)

また、京都へ帰ってました。

所用で伏見区の藤ノ森辺りへ。
そして時間調整で、京阪本線に沿って流れるびわ湖疎水沿いを藤ノ森~墨染の間を行ったり来たりして撮影。
レンズは、先日導入したタムロン・デジ一眼専用レンズ、18-200mm/F3.5-6.3(Type:A14)
これの性能試験も兼ねた撮影だったりする。
とりあえずカメラに付けてAFを作動させてみると、ジャコジャコうるさくてノロい感じ。
このレンズの先祖とも言うべき28-200mm/F3.8-5.6(Type:371D)をフィルムカメラで使っていた事があるが、そんなにうるさくなく、また如何にもノロさを感じる動きはなかった。
さて、これで鉄撮りに使える代物なるのか? という心配はあったが、何とか杞憂に収まってくれた様子。
以下、その撮影記。
 
 

続きを読む "また、京都へ帰ってました。" »

2009年5月12日 (火)

近鉄・モ5251(その3)/近鉄・モ5201(その2)

Dsc_5121_順に屋根のサフェ仕上げが完了し、車体に取付。
まずは、銀座線改のフリー。
多分、ここで次はどうするか考え込んでストップするんだよな。
シルヘッダーをどうするか……ノーシルヘッダーか、ウインドウシルだけにするか、シルヘッダー全て貼るか、とかで。

Dsc_5123_こちら近鉄2輌。
屋根板が少し反ってるので、重しを掛けて。
この後、シルヘッダーの作業へ移れるが、屋根のパーツ取付とかはパンタが入手できるまでストップする事になりそうだな。
どっちも横碍子タイプなので、パンタの予算も高く付きそう。
旧・信貴山は、前作では締め切りの都合でトミックスのプラパンタからデッチ上げたけど、今回は真っ当な製品を積んでやりたいなぁ。
あのパンタ改造はもうやりたくない、というのもあるけど。^^;

2009年5月10日 (日)

近鉄・モ5251(その2)/近鉄・モ5201(その1)

Dsc_5119_旧・信貴山の進行状況は、屋根整形してサフェ塗りまで。
クレオスの#500を塗ってペーパー掛けして、2回目の#1000を塗ったところ。
下回りは、台車仮付け。
今回作る分は、末期に履いていたDT-10にする事に。

Dsc_5117_旧・吉野の進行状況は、屋根整形まで。
どういう仕様で仕上げるか考えていたが、結局フリーにせず近鉄として仕上げる方針で決定。


Dsc_5116こちら、フリーのシリーズ。
「プロトタイプは何でしょう?」と言うと、大抵の人が考え込むこの車輌。
正体は、営団銀座線・1300形。
でもTcとして仕上げる予定。

Dsc_5118_そしてこちらは、切り妻車体の面妖な姿。
正体は、京成の焼け電復旧車。
とりあえず組み始めた、という段階なので、どう仕上げるかは今後の成り行き次第。

2009年5月 5日 (火)

近鉄・モ5251(その1)

昨年、月刊「とれいん」誌に掲載された、旧ロコモデルのキットから製作の近鉄・モ5251形(元・信貴山急行電鉄)

Dsc_5110_実は完成直後から「もう1輌作る!」と思い続けていて、一昨日と或る事情により、いこま工房製キットを入手。
で、その日のうちに着工。
半日ほどで画像の状態に。

Dsc_5111_そしてもう1輌、元・吉野鉄道の先代・モ5201形も入手し即着工。
とりあえず箱状に。
キットのパーツそのままでは、プロトタイプの“四角い箱”のイメージが出ないので、組む際に工夫を少々。
コイツは、そのまま仕上げるかフリーのシリーズに組み込むか迷ってる最中。
個性的なんだけど、フリーにできる雰囲気を持っている車輌なんですよね。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ