« 旧品再生(その11) | トップページ | 塗装とか。 »

2009年4月 1日 (水)

京都へ帰ってました。

本業多忙で正月に帰れず、そして「高速代が安くなるから」とお彼岸も過ぎたこの土日月と、京都の実家へ帰ってました。(画像は、携帯で撮影したものにつき、それなりの粗いものです)
Ca3b0130
Ca3b0136_

土曜の昼間は普通に出勤し、帰宅して夕食後に出庫。
せと赤津ICから東海環状→伊勢湾岸道→東名阪→新名神→名神と走って京都南ICで降りるルート。
出発は21時過ぎで、日付変わったあたりに到着。
地方高速道の¥1000-に大阪近郊区間の割引料金をプラスして¥1150-也。
普段は父親が倉庫に使っている旧住居で床に就く。

翌日、9時頃に起床し近傍の実家へ
寄ってから、四条河原町目指して市バス・207系統に乗り込む。
Pap_0140久しぶりに乗る京都市バスの、それも委託でなく市交直営運転手の系統。
停車のブレーキは荒いし、横断歩道は平気で塞ぐ、
で相変わらずの“直営クォリティ”の運転。
で、画像はその車中から。四条烏丸の横断ほどを完全に塞いで停まってます。--;

Ca3b0130_2バスを降り新京極を北上してお寺へ。
画像は、先端が両側の店舗内に飛び出している事で有名な、錦天満宮の鳥居
そしてその向こうは、有名な錦商店街。
『虎薬師』の“通り名”を持つ当家の菩提寺・西光寺は、入り口が新京極の商店の谷間にあり、言われなければここがお寺の入り口とは判らない。
一歩入ると、ビル街の谷底にある喧噪とは無縁な寺域。
実は新京極と河原町通の間は、こんな空間が多数存在する“寺町”なのである。

両親と合流し昼食の後、PCショップを見たりした後、旧住居へ帰還。
Ca3b0133Ca3b0134
ヨメを残して再び実家へ行き、自転車を借りて八条口模型へ。
店先にはなぜか、いつもカツミのロゴの入った段ボール箱が積まれている。
入ると目の前におなじみ“たぬきオヤジ”の店主が座っているので「ご無沙汰してます~」と挨拶。
最近、店に入ると「久しぶりやな~。なんか貫禄付いたん違うか?」が必ずと言っていいくらい“枕詞”で言われてしまうのだが、今回も例に漏れず言われてしまった。(苦笑
中古委託品、キットの在庫を軽く流して、鉄道雑誌の置かれている場所へ。
関西を離れるとなかなか見かけない「関西の鉄道」をチェック。
久しぶりに阪和線特集していたらしい。
その他、買わねばならん特集いくつかあるので、次回帰った際に買わねば。
という事で、今回はピクの名鉄特集増刊をお買いあげ。
今住んでいる瀬戸には流れてこなかったか、ごく少数ですぐ消えていた様子。
去年のパノラマカー特集が秒殺だった事から名古屋市内に出ても望み薄なので、帰省が決まった時点でここで買う事に決めていたのである。
その他、パーツ類を仕入れる。
「エコーの品揃えは90%、車両用は95%」と豪語する店主。
前照灯、パンタ台と、どこでも在庫してそうなパーツをお買いあげ。

Ca260010続けて天賞堂のパーツを所望する。
テールライト
を「新型」と「電車用」の2種、3パックお買いあげ。
お買いあげ。

どちらも名古屋で在庫切れで、銀座の本山でも切れていたので、非常に有り難い。
以上の支払金額は、ピク増刊と合わせて¥5000-弱。

Ca3b0136_店を出た帰り道、自転車なので山陰本線京都口の複線化工事の様子を偵察する。
大宮陸橋真下に来てみると、その先から複線になっている。
ここから京都駅までは単線のままでしのぐらしい。
ちなみに画像の右手が梅小路公園でその先にSL館。そして背後方向が京都駅。
通過中の列車は多分223系新快速。

Ca3b0137更に足を延ばすとJRアパート。
かつて『国鉄アパート』と呼ばれていた頃はもっと棟数が多く、また同級生が多数住んでいた。
JR西が構想発表した“鉄道博物館”を建設するために京都市へ交換で提供する土地として上げられているので、わずかに残ったアパート群の姿が見られるのもあまり長くはない。

翌日は前居住地の伊賀上野に寄り道してから瀬戸へ帰還。
旧住居で空きになっていた本棚を積み込んできたので、部屋へ搬入したら早々に再組立。
既存のカラーボックスと配置換えしながらの再構築。
Ca260009結果、画像のような状態に。
画像左側が京都から持って来た本棚で、下2段全てと3段目半分が鉄道ファン。
残りはTMS、RMライブラリー、月刊時代のレイル、関西の鉄道、そして鉄道ピクトリアルの一部。
右のカラーボックスには「とれいん」、季刊レイル、RMなどの大判誌。
京都から残りのピクを全部持って来たら、収納の再構築がまた大変だ(汗

ちなみにこのカラーボックス、家具量販店のニトリの製品。
一般的なカラーボックスと違って棚板の位置が変えられ、収納する本のサイズに合わせられて便利。
また増設棚板、引き出しがオプションで用意されていて、なかなかの優れもの。

« 旧品再生(その11) | トップページ | 塗装とか。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは久々に書き込みまーす。
八条口模型さん模型だけでなく書籍もかなり
充実してますね。

ところでピクの名鉄特集増刊なぜか名古屋市内の
本屋さんで最近、結構見かけますよ。

おおしまさん、いらっしゃいませ。

名古屋市内、結構残ってますか。
読みがハズレました。^^;
それと、ピクのパノラマカー特集号が1冊だけ残ってました。

京都…いいですなぁ…。

そのころあっしは三重県でひと仕事の後、飲んでて某総合駅の改札で痴話喧嘩大会。゜゜(´□`。)°゜。

現在絶滅の危機に瀕しております。*((艸д・。`*)゜*。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧品再生(その11) | トップページ | 塗装とか。 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ