« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の記事

2009年2月19日 (木)

クモハ60・800番台(その4)

Dsc_4978_Dsc_4979_ クモハ60800の下回り。
電装しないので、軽量化のため木製床板にする事にした。
最初からその予定なら予め取付用の梁を仕込んでハンダ付けしておくのだが、塗装まで終わってから決めた内容なので、後付けでネジ止めする事に。
アングルの床板固定用ネジ穴を利用して、適当な端材から作った梁をM1.4で固定。

Dsc_4980_ Dsc_4981_ 車体と組み合わせて、一応完成。
連結器は、前後とも富・TN密連。偶数向きでTN付きの更に前に連結しないと走らせられない。(w
でも実は、台車の固定が仮のネジなので、走らせられない。(汗
日光の木製床板用センターピンを仕入れてこなくちゃいけないのだ。

2009年2月16日 (月)

旧品再生(その9)

Dsc_4977m この土日、天気が良いので塗装する事に。
土曜の深夜に(NHKのさだまさしを見ながら)屋根足掛けを取り付けて、明くる本日、マスキングして屋根を塗装。
続けて、クモハ60・2輌分の下回り、そしてハンダ外れの修理をしたPS-13も塗装。
再塗装したPS-13は、シューの刷り板部の地肌を出したらクモハ60に積んでやる事にしよう。でもその前に、パンタネジと碍子を買ってこなくては。(汗

Dsc_4969m そして、ちょっと時間を遡って土曜の昼間の工作。
8/15の日記で補修完了したクモハ31。
パンタを載せようとした際、避雷器の位置が食い込んでいる(?)ため、PS-13の横梁に干渉してしまう事が判明。
元は古いプレス製PS-16を付けていたので、斜めの補強梁の間に上手く入って気づかなかったらしい。
で、対策を考えた結果、PS-16同様に補強梁が斜めになっているPS-11を取り付ける事にした。
Dsc_4967m とはいえ、取付の前後寸法が3mm長いので、前後に1.5mmずつネジ穴位置をずらすアダプタ金具を作って屋根に取り付ける事に。
当工房では、パンタ台部品の関係で取付寸法の異なるPS-11は使わない事にしていたので、このクモハ31は異例の存在になってしまった。

2009年2月12日 (木)

仕上げ作業

昨日はカレンダーの赤い日で、世間一般は休み。
勤め先は、主な客先に合わせていわゆる『トヨタカレンダー』に準じてるので出勤日。
で、休出が貯まってるので、代休消化日に。
夕刻まで自宅に引きこもって窓セル貼り。
阪和形・クモハ20とクモハ60・2輌を仕上げる。
パンタは在庫が1個だけだったので、クモハ60に付ける分は後日仕入れ。
でも、60800は床下未完で、車体だけ仕上がった状態。
Dsc_4962 Dsc_4960_2

2009年2月11日 (水)

旧品再生(その8)

本業が一段落で、やっと模型工作が手に付く余裕が出てきたので作業再開。
見事に前回の書き込みから1ヶ月以上開いてしまった。
しかし何だ。本業で悩んでる姿が夢の中にも出てきたのは、20年くらいこの商売やってるけど初めてだわ。(汗

Dsc_4950 再生中の旧品は、床下機器を取り付け。
再利用できるパーツはそのまま残し、そこにエコーのパーツを適当に足したので、配置が奇数向き車のようでちょっと違う配置に。(苦笑
 

Dsc_4952 車体に書かれたナンバー、よく見ると「クモハ60043」。
今までクモハ41だと思っていたけど、クモハ60だったのね。^^;
調べてみると、実際に天オト(阪和線)に配置のあったナンバー。
これまで阪和線にするか片町線にするか決めかねていたが、これなら製作者の意図を汲んで阪和線として復活させねばなるまい。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ