« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008年12月20日 (土)

コキ106、着荷。

珍しく市販完成品の話題なぞ一つ。

Dsc_4911 発売日が延びに延びた挙げ句、一時は「発売時期未定」となっていた富・コキ106。
これが本日届いた。
 
 

Dsc_4922 拙者はコンテナ付き:1輌、なし:2輌、コンテナ単品:各1セットを注文していて、コンテナを積んで組み合わせてみた。
コンテナ取付用のツメは、台枠への食いつきがシッカリ固い。
1輌分指先で押し込んで、残り2輌はラジオペンチで摘んで押し込んだ。
作業効率と指先の痛みを考えると、これが正解なのだろう。
ただ、空荷用のダミーのツメは、摘んでキズが付いても隠れる部分がないので、諦めて指先で押し込むしかないと思われる。

Dsc_4914 さて、その空荷状態のコキ。
コンテナなしで線路の上に置いても見栄えするよう台枠の内側も作り込んであり、コンテナを積んで見えなくなるのが惜しい気もする。
 

Dsc_4909 そして問題は、製品の梱包材。
コンテナ付きとなしで共用するためであろうが、元箱に収納するためには毎回コンテナを降ろさねばならない構造。
これは面倒だ。
ダイソーで使える収納箱を探さねば。(汗

2008年12月18日 (木)

旧品再生(その7)

Dsc_49052回目の塗装。
何とかアラは隠れた感じ。^^;
面倒な屋根足掛けを取り付ければ、次は屋根の塗装。
今のスケジュールだと、年が明けてからかな?

Dsc_4906 Dsc_4908 同じ日に屋根を塗ったオレンジ色2輌。
これも完成は年が明けてからだな。
800番台の方は、下回りが全く手付けず状態でもあるし。(汗

2008年12月 5日 (金)

旧品再生(その6)

Dsc_4902クハ68の貫通扉、結局抜いて裏から貼り直し。
まぁ、アレコレいじるよりは確実かと。

 

Dsc_4901 で、オマケ。
下回りと組み合わせて仮に線路に乗せてみたクモハ11。

2008年12月 2日 (火)

旧品再生(その5)

Dsc_4898塗装しました。
クハ68、貫通扉の前サボ剥がした痕が思ったより目立ったので、こっちもクモハ41と同様に抜いてしまった方が良かったらしい。
何か対策考えねば。orz

Dsc_4899 Dsc_4900 クモハ11、以前の所有者が前面窓下に施した補修痕が、結構デコボコなって目立つので、ペーパーを掛ける。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ