« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

2008年7月29日 (火)

クモハ73・600番台(その1)

Dsc_4342_ Dsc_4340_先日“開き”状態だったヤツがハコになりました。
扉類は真鍮製。
客扉はフェニックス、乗務員扉はエコー。

Dsc_4343_ 裏側の補強角材は、上部の屋根側は普通に3x3mm・木製角材。
そして下部の床板側は、自重を増やす事と真鍮床板を使用する事を念頭に置いて、同じ3x3mmながら真鍮角材を使用。

Dsc_4338_ そして更にもう1輌、並行して着手。
素材は、懐かしい“いさみや”のクモハユニ44・ペーパーキット。
プレスボードのキットなんて、触るの20ン年ぶりの話。
そのまま組むのは面白くないのと、O丸氏がクモハユニ44・ニコイチで作った傑作“クモユニ44”に影響を受けたので、両運化改造を実施。
まずは窓を埋め、そして乗務員扉を開けた段階。
新設する乗務員扉直後の窓は、もう少し狭くして良かった気がする。

2008年7月27日 (日)

型紙、その後(2)

ハコんなりました。
屋根も削り終えてるので、次はもーちょっと進んだ状態で紹介できるかと。
Dsc_4337_




そして、同時進行で型紙もう1枚。
いつものM松型紙・クモハ73近代化改造車の原図から、応用編でクモハ73600番台。
窓枠も扉も付いたので、こちらの進行も早そうな感じ。
Dsc_4333_

2008年7月20日 (日)

型紙、その後

やっと窓抜き開始。
さて、プロトタイプは何でしょう?
前に話して聞いてる人は書いちゃダメよ。b(゜∀゜)
Dsc_4332_

2008年7月17日 (木)

たまには実物の話

この前の日曜日、名鉄三河線で、今度編成を“散開”する1600系特急車の記念運転をするというので、撮りに行ってきた。

Dsc_4146_ Dsc_4166_ 早朝5時前に起きて、腕慣らしにアレやらコレやら前座を撮ってきて、さぁ本番。


沿線住民にハンドルを任せているので、抜け道ビシビシ走り抜けて撮影場所へ。
まずは、蓮池の向こうに電車が撮れる場所へ。

Dsc_4200_

Dsc_4212__2 まだ時間が相当あるので、場所を移す事に。
三河線の基本は2連なので、7700系も来る。
これも中身はパノラマカー・7000系と同じなので、先は長くない。

Dsc_4255_ とかなんとか言ってる間に、主役登場!
そして通過。


Dsc_4262_ クルマを走らせ先刻の蓮池に戻ろうとすると、経路上にある立体交差下にクルマが集まったまま。
近づいてみると、多数がカメラを構えて待っている。
途中の土橋駅で10分以上停車するので、追い抜いてしまったらしい。(汗
慌ててカメラを構え撮影。

Dsc_4272_ Dsc_4275_ そして最初の撮影予定地だった蓮池に戻り、更に何枚か。
日頃、蓮撮影に来てるジジババに加えて、今日は鉄ヲタ大集結なので辺りは大騒ぎ。
そんな中で撮った6000系と7100系。
7100系も7700系同様パノラマカー・7000系の同族なので、多分先は長くない。
しかも、7000系中間車に運転台を設置した改造車で2輌1編成のみという少数民族の珍車。

Dsc_4283__2 で、知立まで行って帰ってきた1600系。



Dsc_4289_ Dsc_4291_ 土橋駅で長時間停車し撮影会という事なので、クルマを走らせる。
地元民しか知らないような東名高速の側道と、大型車通行不可の踏切を抜け、土橋駅へ。
画像からは伺えない(伺えないように撮っている)が、構内は阿鼻叫喚の騒ぎ。
多分最初で最後? という豊田線~鶴舞線直通用の100系との顔合わせも。

Dsc_4302_ 必要なカットを撮ったら、早々に撮影場所に戻る。
今度は先刻の立体交差の上から俯瞰気味に。


Dsc_4317_ Dsc_4324_ そして本日三度目の蓮池。
と言っても、今度は線路に近い場所から。


この時点で、時刻は14時。
特別列車のダイヤの都合で、朝食以降ほぼノンストップの行軍。
水分補給は充分に行っていたとはいえ暑さでかなり参ってきて、朝のように先回りする気力も失せている。
どこか食いに入る気にもなれずコンビニで冷やし蕎麦買って、前夜の宿だった三河八橋の友人宅へ帰還。
風呂を借りて汗を流してから、冷房の効いた部屋で遅い昼食。
一息ついたら、早速機材の手入れ。
黒い機械を炎天下に振り回していたので、かなりの熱を持っている。
人間の次はカメラも冷やしてやらねばイカンのだ雪

2008年7月 9日 (水)

クモハ41他・補修 その3

剥がして補修した箇所にパーツを再取付。
クモハ41に至っては3回目。腹の立つ話である。
Dsc_4130_ Dsc_4132_ Dsc_4129_ そのクモハ41、下回りも再構築。
以前付いていた状態そのままでなく、写真を参考に連なった機器BOXをカットして配置換えを行う。
ついでに、運転台側の連結器をTOMIX・TNカプラー対応にしてみる。
次は対になる車輌を見繕って、TNカプラー対応にしなくては。

Dsc_4126_ Dsc_4127_ 一足先にTNカプラー対応にした阪和線ナンバーのクハ55。
黒色が入手できたので交換。
ついでに、ジャンパー栓受けのないサハ78をTNカプラー対応にしてみた。
先頭に立たない車輌なので、クハ55から外したグレーを取り付ける。
そして、連結してみた。……幌枠がピッタリ付いている。
Dsc_4128_ クハ55の方を、もう2mm前へだしたいところだが、ジャンパー栓受けが干渉してこれ以上出せない。
通常のカーブでは曲がってもSカーブは通れそうにない。
これはもう、このクハ55での運用は諦めた方がいいのか?orz

2008年7月 5日 (土)

予告編?

探偵ナイトスクープ見ながら、ちょいとCAD作業。
半年前に試作した型紙の修正。前回は失敗作。
今回の修正版は2枚印刷したので、基本形と拡張版(?)の2輌作る予定。
思うような仕上がりになったら、某塾のネタに投稿してみるかな?
Ca260001 Ca260002 Ca260003

2008年7月 3日 (木)

クモハ41他・補修 その2

Dsc_4046_ 遡って、先日の日曜は運転会にお呼ばれ。
B凸など私鉄電機の小物全部持って出動。
パワトラ装備で足回りが揃ってる4輌を『4重連!』などとバカやって遊んでると、撤収時に不幸な出来事が。
当分箱を開けたくないが、いずれ補修ネタでここに晒す事になるだろう。orz
もう一つ、主催のO島氏に期待されていた旧国ネタ『1人“淀川電車区”』。
Dsc_4040_ Dsc_4043_ 5連3本持ち込んだら、エラくウケました。



さて、表題の補修。
もう1輌、クモハ31も屋根足掛けに腐食が。
剥がしてみると、裏側が恐ろしい事になっている。
Dsc_4055 Dsc_4060_ Dsc_4061_ クモハ41と合わせて、サフェ塗り→ペーパー掛けをする。
クモハ31はサフェ処理なしで屋根を仕上げていた時期のものなので、広範囲に塗る。
また、クモハ41は床板の新調も同時に実施。
元々電装してなかったし今後も電装する予定ないので、穴ナシで。

Dsc_4062_ ウグイス色のサハ78も、いっしょにペーパー掛け。
こっちは屋上機器外してあるからハデにペーパー掛けできるけど、あまり手間かけずにこれでオシマイにしておこうか?

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ