« トラムウェイ 東武日光軌道線・テト | トップページ | ロータリー凸電の動力化・その1 »

2008年5月26日 (月)

トラムウェイ 東武日光軌道線・テト その2

1週間前、車体と動力ユニットを組み合わせようとしてみた際、長さが余りすぎでヘロヘロな電線が気になった。
そのまま完成車体と組み合わせると具合悪い事になりそうな気がしたので、ちょうどいい長さの単芯線に交換して、形状もしっかり保持させるようにした。
Dsc_3961_ Dsc_3964_ ちょっと見にくいが、画像は電線の交換前と交換後。



これでヨシ! という事で車体に組み合わせようとしたら、これが入らない。
Dsc_3966_ ジャマなツメが1つあって、そこがつっかえる。
説明書にはカットするような指示はないが、掲載の画像にはツメをカットしたような痕がある。
そこはカット指示の記載漏れちゃうんかい~? と思いながら遠慮なく切り落としたら、すんなり車体と動力ユニットは収まった。

その他、組立用ネジの頭が見える場所でまだ加工可能な場所は、面取りドリルで皿取り加工し、皿ネジにて組立できるようにした。
ある程度加工が進んだ時点で思いついたので追加工不可な箇所があったが、今後アルモデルのキットを組む際、意識して皿ネジを使えるよう加工して行けば相当スッキリしたものにできるはずである。

« トラムウェイ 東武日光軌道線・テト | トップページ | ロータリー凸電の動力化・その1 »

東武日光・テト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トラムウェイ 東武日光軌道線・テト | トップページ | ロータリー凸電の動力化・その1 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ