« エンドウ・DD13 その1 | トップページ | 銚子・デキ3 その3 »

2008年4月27日 (日)

名鉄・デキ1 その9

昨日、DD13用のLEDを買いに出た時、B凸の仕上げ用残パーツを仕入れてきた。
このデキ1用には、エンドウ・PS-11とケーディー・№4。
パンタ取付のネジピッチは14x17mmとなっていたので、市販で最も安い製品はエンドウ・PS-11だったので。
初めて自分用に買ったPS-11をよく見ると、普段よく買うPS-13や16とは可動部の構造の違うパンタである事がよく判る。

ケーディーは、モデル8系のキットの定番構造である、カプラーポケット組み込みのために半分カットして削る作業が伴う。
この作業中、ナックル部分のスプリングが飛んで紛失しやすいので、予め外してから作業を始める。

パンタ、カプラーの組み込み完了で、作業はフィニッシュ。
凸電シリーズは肩肘張らない工作、と位置づけているので、窓ガラスの入っていない状態で完成とする事にしている。
Dsc_3860_

« エンドウ・DD13 その1 | トップページ | 銚子・デキ3 その3 »

名鉄・デキ1」カテゴリの記事

コメント

こちらでは初めまして、で宜しいのでしょうか?
Xのなかのひとです、こんにちは。

デキ1を製作するにあたり、出来るならば製作前にこちらのブログと記事に気が付いていれば良かったと後悔しきりです。

残すところは塗装くらいなのですが、ここでよこやまさんに質問です。
キット付属のダミーカプラーをケーディーにしようかと思っていますが
こちらの記事によると、モデル8系の定番作業として半分削る、とあります。
出来ましたらどんな感じで削るのか教えて頂ければ、と思いまして。
ちょっとケーディーの4番が手持ちで無いんで、どんな感じにカットするのか解りませんが
良かったらアドバイス下さいませ^^

どんどん処理スピードを速めて、仕掛かり減らさんとちょっとマズイことになっております(w
それでは失礼致しました~

いらっしゃいませ。
こちらでもよろしゅうお願いいたします。

さてケーディーの加工ですが、製作:モデル8/発売:アールクラフトの岳南・ED301の取説書の記述に従って行いました。
図解もなく文章に従って加工してみると、何となく使える状態になりましたので、試してみて下さい。
なお切削加工は、ヤスリよりはリューターの方が、やはり手っ取り早いです。^^;

>KDカプラーを使用する時は№4の本体両側を胴受けに
>入るようにヤスリがけし、中央のポンチマークにφ1.4
>穴をあけて使います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エンドウ・DD13 その1 | トップページ | 銚子・デキ3 その3 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ