« 名鉄・デキ1 その9 | トップページ | 銚子・デキ3 その4 »

2008年4月29日 (火)

銚子・デキ3 その3

名鉄・デキ1と同じ日に集電装置を買ってきたので、乗せられるように作業をする。
買ってきたのは、工房汽笛のZパンタ。
フリー仕立てにするからイメージを変える道具としての意味の他、オリジナルのビューゲルが、模型的には好まないのも理由の一つである。
ビューゲルは、進行方向によって傾きが変わる構造なので、模型の場合は止まって進行方向を変える際には、手を伸ばして向きを変えてやらねばならない。
その手間がイヤなら、逆向きそのままで走らせる事になる。
そういう点で、模型的には好まないのである。

固定は、M1.0のネジ穴がベースに開いていてネジも付属だが、今回の取付には長くて具合が悪い。
手持ちに手頃な長さのM1.4のネジがあったので、M1.4でタップを立て直す。
Dsc_3866_ Dsc_3867_乗せてみて「イメージを変える」という目的は達成できたように思える。



さて、この模型用Zパンタに関しては、忘れられない思い出がある。
今を去る事20余年前、今は亡きロコモデル・京都店での或る日の出来事である。
工房汽笛がZパンタを出す遙か以前で、路面電車用の集電装置はポール以外じゃカワイのビューゲルしかなかった当時の事だった。

確か、その日は平日だったはずで、時間は多分、午後の3時か4時頃の事だった。
店に入ると、エンドウがパンタを入れているケースに、模型用のZパンタが収まって山積みになっていたのである。
京都店限定で、ホントにZパンタを載せた京都市電・2000形の特製完成品・デラックス仕様が存在する事は知っていたので、京都店ではZパンタを作れる職人を抱えているであろう事は判っていた。
単品売り用と思えるケースに入って置かれているので、私が「これ、売り物?」と指さして尋ねると、一言「¥7,500-!」との答えが。
その値段には驚いた。
当時、PS-16パンタがプレス成型品で¥300-、今時の繊細な作りのものでも¥800-だった時代に、その10~20倍の値段である。
「マジ?!」と唖然としているところへ、1人のお客が。
スーツでピシッと決めた身なりをしている。
「頼んでた物、取りに来ました」というような事を言ったと思う。
言われて店主がZパンタをおもむろに掴んで、全て袋詰めしてお客に渡した。
渡されたお客はサイフから大量の万札をビラッと取り出し、会計を済ませると店から去って行った。
その衝撃の光景をただ呆然と見つめる、当時貧乏学生の私。

Dsc_3868_その一連の出来事と値段が忘れられないので、初めて工房汽笛のZパンタを見た時は、逆の衝撃を受けた。
「たった¥2,600-で市販されている~!!」と。
これはこれで、我が目を疑い何度も値段を見直した記憶がある。
多分、この時の出来事は、死ぬまで事ある毎に話す事であろうなぁ。

« 名鉄・デキ1 その9 | トップページ | 銚子・デキ3 その4 »

銚子・デキ3」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
デキ3にはZパンタのほうが似合いますねー。想像力に感服です。
名古屋 行くんですか?

阪Sさん、どうも。
そう言って頂けると嬉しいです。

名古屋市内は、明日、明後日と2日続けて出撃します。

楽しんできてください、96二つ目の話、Rさんどうしますかねー?

包囲網作って追い込みましょう。(w
ただ、その前に自分が墜ちないように気を付けないと。
「2つ目」も「波に千鳥」も、色気のあるアイテムなので。(汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名鉄・デキ1 その9 | トップページ | 銚子・デキ3 その4 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ