« 名鉄・デキ1 その6 | トップページ | 名鉄・モ401 »

2008年3月21日 (金)

銚子・デキ3 その2

名鉄・デキ1がホワイトメタル部品取付だけの状態になったのと、代品の車輪が届いたので銚子・デキ3の工作を再開する。

車輪とフレームを組み合わせ、レールに乗せてみた。
ウォームギヤが後から軸に取り付ける構造になっていて、ウォームギヤを固定するためハンダを流すのに、ハンダごての先が入る余裕がない。
これら駆動部は塗料が付くと具合悪いため塗装後の組立となるので、現段階で全て組み付けてしまい、それから塗装するという訳にはいかない。

Dsc_3681_
とにかくハンダごての先が入ってくれなければ話にならないので、台車枠を受ける梁を一旦取り外し、ネジ止めするように加工する事にした。

Dsc_3683_
断熱シートを敷き、ハタ金で挟み込んで固定する。
そしてガストーチであぶってハンダを弛ませ、ペンチで摘んで取り外す。
フレーム内側の両面に2x3の真鍮角材をハンダ付けした後、M1.4のタップを立てる。
外した梁には、ネジ穴と合う位置にφ1.5の穴を開け、そして皿取り加工をしてネジの頭が沈むようにする。

Dsc_3684_Dsc_3688_
何とか思惑通りの加工ができたのでこれでヨシとするが、メーカーはどういう手順でこの辺りを組んでいるのか、非常に気になる。

自身の本業の方でもそうだが、実際に作る時の事を考えて設計しなくてはいけない、という点は非常に重要だ、という事実を思い知らされる出来事だった。

« 名鉄・デキ1 その6 | トップページ | 名鉄・モ401 »

銚子・デキ3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名鉄・デキ1 その6 | トップページ | 名鉄・モ401 »

ブログバーツ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • GO!! GO!! HERAYAGARA!!!!
    当ブログの本館です。 更新はほとんど止まってますが、当ブログ以前のネタのなんぼかはこっちに置いていますので、気が向きましたらどうぞ。
無料ブログはココログ